僕が「Galaxy Note10」を使ってみて感じるメリット・デメリット【使用感レビュー】

Galaxy Note10とドロイドくん 雑記

スマホ買ってますか?どうも、ピエールちえほん(@chehonz201)です。

コンパクトでかつ軽量でSペンが使える最新「Galaxy Note10」。純正ケースを付けてもなお、Note10+とNote9よりも軽いのが魅力的です。

Noteシリーズでは初となるトリプルカメラ搭載でより多くのシーンで活躍出来るカメラを採用しています。大人気のSペンには最新機能としてSペン初のジェスチャー操作に対応するなど、まだまだ進化を続けています。

そんな、「Galaxy Note10」を僕ピエールちえほんが使って感じたメリット・デメリットについてお伝えしていきながら使用感レビューしていきたいと思います。(※メインブログでもGalaxy Note10の実機レビューを行なっているのでこちらも合わせてお楽しみください。なお、技適マークは海外版にないのでご注意ください。)

今回は、メインブログでお伝えできなかった部分にも触れていこうと思います。

「Galaxy Note10」ってこんな素敵ななんだと感じて貰えれば嬉しい限りです。もちろん、メリット・デメリットを素直にお伝えしていきますので、「あ、自分には合ってないのかも」と感じる場合もあると思います。ぜひ、自分が使う環境に合わせたスマートフォン選びの参考になれば幸いです。

それでは、Galaxy Note10を詳しく見ていきましょう。

Galaxy Note10の性能

まずは、改めてGalaxy Note10のスペック性能について確認しておきましょう。

Galaxy Note10のスペック性能について

メーカーサムスン
機種名Galaxy Note10
CPUSnapdragon855 /Exynos 9825
内蔵メモリ容量 (ROM)256GB
拡張ストレージmicroSD非対応
内蔵メモリ容量 (RAM)8GB(※5Gモデルのみ12GB)
ディスプレイ(画面)サイズ6.3インチ
Dynamic AMOLED(有機EL
Infinity-O Display
解像度(2280×1080 401ppi)
メインカメラトリプルカメラ搭載
1600万画素(超広角)、F2.2
1200万画素(広角)、F1.5/F2.4
1200万画素(望遠)、F2.1
サブカメラ(インカメラ)シングルカメラ搭載
1000万画素、F2.2
バッテリー3,500mAh
サイズ151.0 x 71.8 x 7.9mm
重さ168g
Sペン(サイズ・重さ)5.8 × 4.35 × 105mm
3.04g
OSAndroid 9.0
その他USB Type-C
ステレオスピーカー
急速充電25W
画面内指紋認証(超音波式)
顔認証

Galaxy Note10は大画面を維持しつつ、Note9よりも一回り小さく持ちやすいコンパクトモデルです。コンパクトながらハイエンドモデルの機能と性能を兼ね備えています。

CPUにはSnapdragon855 /Exynos9825を搭載するなど、高性能なCPUを採用しているので動作はサクサク快適です。

また、Noteシリーズ初のトリプルカメラを搭載(広角+超広角+望遠)を採用、引き続き安心の防水防塵(IP68)対応、Noteシリーズでは初となるS10/S10+同様の超音波式画面内指紋認証を搭載するなど、最新技術も詰め込まれた一台になっています。

注目ポイントは、Galaxy S8から採用されてきたBixbyボタン、イヤホンジャックの廃止がされたこと。また電源ボタンは右側から左側に変更されました。Galaxyシリーズでは、採用され続けてきたイヤホンジャックが非搭載なのもファンからすると悲しい点かもしれませんね。

メリット・デメリット

Galaxy Note10のメリット・デメリット

それでは、僕がGalaxy Note10を使って感じたメリット・デメリットを以下に並べてみました。

■1年前に発売されたNote9の乗り換えでも確実に進化を感じられる
■インカメラが凄く綺麗!手軽にノイズがない写真が撮れる
■Note10+と比較してもカメラ画質の差はなく使いやすい
■動画でもライブフォーカス(背景ぼかし)が使えるので面白い動画撮影が出来るように
■軽く、コンパクトなサイズ感でSペンを使えるのは圧倒的な魅力
■いつでもどこでもペンを取り出してメモが出来る
■電話番号やURLは手書きからでも発信したり、観覧出来るのが便利
■デザインはS10シリーズよりも洗練されおり、カラーラインナップも魅力的
■動作が物凄く軽く快適すぎる
■重い3Dゲームもサクサク動く
■microSDが非対応で外部ストレージを使えない
■イヤホンジャック非搭載で不満な点もある
■画面解像度がNote10+、S10よりも低く綺麗さに差がある
■バッテリーの消耗が早く心配な場面もある
■カメラアプリの起動は速いがシャッターを切るとワンテンポ遅くれてついてくる感じがする
■Note10+よりも画面サイズが小さいので、手に持ってSペンを使うには画面が狭く使いにくさがある
■Sペンのジェスチャー操作は面白いが上手く反応しないときがある
■Sペンの手書き文字をテキスト化がロック画面から使えないのが勿体ない
■本体の発熱が気になる時がたびたびある
■画面内指紋認証はロック画面がスリープ時どこに指を当てて認証するか分からないので不便

以上が、Galaxy Note10を使って感じたメリットとデメリットです。それではいくつかピックアップしてご紹介します。

まずは、デメリットから見ていきましょう。

1つ目、画面解像度がNote10+、S10よりも低く綺麗さに差がある

Galaxy Note10のディスプレイ解像度が低い

まずGalaxy Note10を使いはじめて最初に気になったのは画面解像度でした。Note10+と比較しながら撮影していると、画面の綺麗さに差があることに気が付きました。調べてみるとNote10の画面解像度が解像度(2280×1080)、これはNote10+、S10、Note9よりも低く、並べてみると間違いなくNote10+よりも綺麗ではない。より綺麗なディスプレイが良いならNote10+の方が良いだろう。

もちろん、これはたまたま二台並べて「あれ?」と感じた程度なので、パッと見てディスプレイが全然綺麗じゃないとはまずならない。恐らく、ほとんどのユーザーが気になるものではないはずです。コストカットなのかは分かりませんが、このあたりNote10+の廉価版と言われてしまう要素になっている気がします。

2つ目、Sペンの手書き文字をテキスト化がロック画面から使えないのが勿体ない

ロック画面で手書き文字をテキスト変換出来ない

Galaxy Note10シリーズからSペンの手書き文字をあとからテキスト変換出来る機能が搭載されました。国内版ではGalaxy Notes(海外版ではSamsung Notes)にて、Sペンで書いた文字を即座にテキスト変換出来るという機能なんですが、ホントに便利。正直、便利すぎる。そして、認識も結構正確で常用出来るレベルなのは間違いない。

ただ、惜しいポイントとしてロック画面で書いた文字は即座にテキスト変換出来ず、一度メモを保存してNotesアプリを起動してロック画面で書いた文字をテキスト変換する流れになる。個人的にはロック画面でSペンを取り出して、すぐメモをすることも多く、わずか数文字のメモなら良いが、文字数が多くなる内容ならロック画面状態で書ける手書き文字をテキスト化して整理出来たら便利だなと感じました。手書き文字をテキスト変換出来るのは、凄く素敵なので今後に期待したいところです。

3つ目、画面内指紋認証はロック画面がスリープ時どこに指を当てて認証するか分からないので不便

スリープ状態で画面内指紋認証を行うのは困難

S10シリーズと同様の超音波式画面内指紋認証を搭載しています。認証精度も高く、セキュリティとしても安心出来る指紋認証なのは間違いありません。ただ、画面スリープ時(真っ暗な状態)にどこに指を当てれば指紋認証が認証するか分からないので凄く不便です。

画面を二度タップすれば、画面が点灯してくれるので指紋認証する位置が分かるのですが、せっかく画面スリープ時(真っ暗な状態)のまま指紋認証出来るのに位置が分からず認証を失敗してしまうことも多く、スリープ状態でも指紋認証の位置が分かるようになればもっと使い勝手や利便性は上がると思います。Galaxy S10シリーズからずっと言っていますが、Galaxy Note10シリーズでも改善がありませんでした。

4つ目、バッテリーの消耗が早く心配な場面もある

Galaxy Note10のバッテリー持ちが不安

Galaxy Note10の弱点は、バッテリー持ちです。Note10+と比べると、バッテリー容量も小さくしょうがない部分ではありますが使用環境によっては一日中使えないこともあると思います。実際、僕の使い方は比較的バッテリーに負荷がかかることはしないのですが、朝から使いはじめて夜には10%前後という感じです。

基本的にはゲームをしないので、ガンガンバッテリーが減っていくこともないのですが、例えばゲームメインで使われる方はもっとバッテリー消耗が早いでしょう。

仕事にも、プライベートにも使えるGalaxy Note10だからこそ、大事になってくるバッテリー持ち。体感ではGalaxy S10とほぼ同じ印象を受けます。非常に優れた性能を持ち、使いやすいサイズ感と軽さなのでついつい使ってしまうことが多く、バッテリー持ちがもう少し良かったらもっとガンガン使えるのになと感じてしまいました。

次に、メリットから見ていきましょう。

1つ目、1年前に発売されたNote9からの乗り換えでも確実に進化を感じられる

Galaxy Note10はNote9よりも進化している

Galaxy Note10は、Note9からの進化は凄く感じられる一台になっています。中でも搭載されたカメラの進化、Sペンで出来ることの拡張、Note9とほぼ同じ本体サイズで6.8インチの大画面化など、最新技術をしっかり詰め込んだ一台です。また、Bixbyボタンとイヤホンジャックの廃止、電源ボタンは右側から左側に変更されるなどの変更点も多くチャレンジ的な要素も多い。Note9からの変化は感じざるを得ないでしょう。

また、Note8からの乗り換えは100%おすすめしたい。ただ、microSD非対応(Note10のみ)とイヤホンジャックがない部分だけは注意してください。それ以外は、確実に良くなっている。注意点だけ抑えておけば、まず満足できるはずです。

2つ目、Note10+と比較してもカメラ画質の差はなく使いやすい

Galaxy Note10のカメラは凄い

Note10+との差が気になる方も多いと思います。特に、カメラについては常用する方も多く心配するポイントだと思います。僕が色々撮影して感じるのは、大きな差はないということ。確かに、Note10では出来ない3Dスキャン等はありますが一般ユーザが多用する機能ではないので、使えなくても困ることはないでしょう。

風景、料理はもちろん、暗所や夜景撮影もNote10+に劣らない写真が撮影出来ます。少なくとも、僕が大幅に違いを感じられる写真は残念ながら撮影出来ませんでした。むしろ、手軽に取り出しやすいサイズのNote10の方がポケットに収めやすく、取り出しやすいのでメリットしかありませんでした。

インカメラも同様にNone10でも綺麗なノイズが少ない写真が撮影出来るのと、ライブフォーカス動画も撮影出来る。もし、迷われているのであればカメラ要素以外での比較をおすすめします。

3つ目、軽く、コンパクトなサイズ感でSペンを使えるのは圧倒的な魅力

Galaxy Note10はコンパクトなサイズ感が魅力

Galaxy Note10の魅力は、やっぱり軽く、コンパクトなサイズ感でSペンを使えることです。これに尽きる。

Note10にはNote10+に比べるとわずかな仕様の違いからか、廉価版と言われます。ただ、実際使ってみると廉価版とは思えないほど使いやすく魅力に溢れています。手にとると、なんて素敵なサイズ感なんだろうと思わず思ってもらえると思います。それぐらいちょうど良いスマホ。このサイズ感でSペンが使える魅力を是非知ってもらいたい。

実際どうなのか

Galaxy Note10が実際買いなのか。僕の結論としては、買い。是非オススメしたい!

Galaxy Note10は実際どうなのか

Note10+よりもNote10の方が僕の使う環境に合っている。あくまでこれは僕の場合です。どちらか迷ったら最適かどうかの判断材料は以下の2つだと感じています。

■Sペンの使い勝手よりもサイズ感と軽さをとるのかどうか。
■SDカードは必要なのかどうか。

Note10+と迷っている方は、1番気にしてほしいのがサイズ感と軽さです。Note10+は、6.8インチで画面表示領域が非常に広い分やっぱりSペンは使いやすく書きやすい。その点、Note10は書きにくすぎるということはないものの劣ります。

また、細かなスペック上の違いも見逃せません。特に、microSDカードの対応可否です。データ移行をSDカード経由でされている方や外部ストレージをあとから拡張したい方にとって、Note10は選びにくくなるというのが正直なところです。

ちなみにディスプレイの解像度についても気になる部分ではあるものの、正直パッと見て気付くかどうか程度なのであまり気にする必要はないかと思います。

もしGalaxy S10と悩むのであればSペンを使うかどうかで判断するのがおすすめです。Note10の方がカメラ等細かい部分でしっかり強化されている反面、大幅な差があるかどうかと言われると大幅な差はない。

S10シリーズは発売から徐々に値段も下がり始めており、値段的にも買いやすさはあると思います。是非、このあたり何をどんなふうに使いたいのか明確にイメージされて購入されるのがおすすめです!!

さて、とはいえ僕はGalaxy Note10が大好きです。

Galaxy Note10が好き

何が良いって。ずっと手で握っておきたい可愛さがある。そして、こんな小さいのにSペンが出てくるんですよ。

当然、Sペンの書き心地を優先するなら出来るだけ大画面が良い。ただ、考えて欲しいのは、スマホは毎日使うものだということ。出先でメモを取るにしても、いつも机の上にスマホを置いてメモを取れるわけではないですよね。突然の電話で「サッと取り出して片手で持ってメモを取る。」そんなこともあるでしょう。

案外、200gを超えるスマホ(Note10+は196g)を片手でずっと使うのは手が疲れてきます。メモを取る際、スマホを握りしめるのでさらに手に負荷がかかります。実際、色々試した結果Note10+だと片手で持っているには少し重いです。恐らく、女性の方であれば相当毎日鍛えている方でなければ手が疲れてくるでしょう。

僕の場合は、何気なくメモを取ろうとした時に手が伸びるのはGalaxy Note10でした。是非、使っている時のことを想像しながら選んでみてください。きっと、あなたにとってのベストな選択肢が見えてくるはずです。

Galaxy Note10が気になったら実機レビューも見てみてください。きっと、欲しくなると思います。

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました