私が「iPhone 11」を使ってみて感じるメリット・デメリット【使用感レビュー】

iPhone 11を持っている 雑記

iPhone 11の使用感レビューをお届け!!!どうも、ピエールちえほん(@chehonz201)です。

iPhone 11は、2019年9月20日に発売したiPhone XRの後継機です。去年のiPhone XRは「廉価版」という印象が強く、位置づけも曖昧でした。今年はiPhone 11シリーズの標準モデルとしたハッキリした立ち位置を示しています。

上位モデルのiPhone 11 Pro / iPhone 11 Pro Maxのカメラ仕様に一部違いはあるものの、iPhoneシリーズ初の「超広角レンズ」を搭載、ナイトモードやインカメラ、パワフルなCPU「A13 Bionicチップ」も同様の仕様になっています。

そんなiPhone 11を、ここから先はiPhone 8から機種変更してもらった椿さんが僕に変わって約1週間使って感じたメリット・デメリット(良い点・悪い点)についてお伝えしていきながら使用感レビューしていきます。

女性だからこそ感じる部分も多くあると思うので、これからiPhone 11への機種変更をしている方はもちろん、リアルな使用感が気になる方は絶対参考になると思います。

椿
椿

椿です。どうぞよろしくお願いします〜!

スペック・性能

iPhone 11のスペック性能

まずは、改めてiPhone 11のスペック性能について確認しておきましょう。

機種名iPhone 11
CPUA13 Bionicチップ
メモリ(RAM)4GB
ストレージ(ROM)64GB/128GB/256GB
ディスプレイ(画面)サイズLiquid Retina HDディスプレイ
IPS6.1インチ(対角)オールスクリーン
解像度(1,792×828)、326ppi
1,400:1コントラスト比(標準)
メインカメラトリプルカメラ
超広角(1200万画素、F値2.4、視野角120°)
広角(1200万画素、F値1.8)
サブカメラシングルカメラ
1200万画素、f値2.0
バッテリー3,110mAh
サイズ150.9×75.7×8.mm
重さ194g
カラーブラック
グリーン
イエロー
パープル
(PRODUCT)RED
ホワイト
その他ワイヤレス充電対応
ApplePay対応
ワンセグ・フルセグ非対応
ApplePencil非対応

iPhoneシリーズでは初となる超広角レンズを搭載、ハイエンドモデル仕様でありながら、価格は今までのApple製品からすると随分買いやすい価格帯でコスパに優れたモデルです。

参考までにベンチマークテストの「Antutu Benchmark」の測定した結果は以下のとおりです。

iPhone 11のAntutu Benchmarkのスコアは「約449648点」

iPhone 11のAntutu Benchmarkのスコアは「約449648点」でした。一般利用では十分すぎるスコアが出ています。一般的な電話・メール、LINEや各種SNSは全く問題なくストレスフリーで使うことが出来ます。

メリット・デメリット

iPhone 8からiPhone 11へ機種変更して感じた良かった点・悪かった点

それではiPhone 8からiPhone 11に変えてみて感じた、メリット・デメリット(良かったところ・悪かったところ)を正直にお話ししていこうと思います。

まずは、メリット(良い点)です。

1、画面が綺麗になった

さすがにiPhone 8からiPhone 11ともなると、ディスプレイに大きな変化を感じました。
表面ガラスというんでしょうか、パッと見て分かるくらい綺麗になっています。もちろんそれだけでもテンションが上がりますが、動画や写真も以前と比べて鮮やかな印象になりました。

2、画面が大きくなったことによって見やすくなった

当たり前のことだと思われるかもしれませんが、iPhone 11は本体の大きさに伴って画面の大きさも大きくなりました。iPhone 8は、最近のスマホの中では小さな方になりつつありますが、iPhone 11に変えたことで例えばwebやSNSで表示できる情報量が多くなったり、料理をする時に使うクックパッドも少し見える範囲が広がるだけで使いやすくなりました。

▼料理をする時に使うクックパッド左が、iPhone8、右がiPhone 11
料理をする時に使うクックパッド左が、iPhone8、右がiPhone 11

また、個人的には縦画面のまま見ることの多いYouTube動画も明らかに見やすくなったと言えます。きっとiPhone 5からiPhone 8に変えた時も感じたであろう、生活する中での「あっ、便利」と思えるシーンが更新されたのは、スマホを変えた中で最も嬉しいことです。

3、写真・動画が綺麗になった

スマホを変えて、まず皆さんが試すのは写真だと思います。私もそうです。
実際に撮ってみると、iPhone 8の時に感じていた写真の粗さとか暗さみたいなのがiPhone 11では良くなっています。

今回、超広角カメラが加わったことで広い範囲を撮影できるようになったのは、特に風景を撮っていて楽しいと感じました。今までは広く撮ろうと思ったらわざわざ後ろにさがっていたのに、同じ場所に立っていても広く撮影できるなんてラッキーじゃないですか?

▼iPhone 8で撮影した風景
iPhone 8で撮影した風景

▼iPhone 11で撮影した風景
iPhone 11で撮影した風景

ただ、同時に発売されたiPhone 11 Proシリーズと比べて、iPhone 11は簡単に言うとズームがあまり出来ないです。正直ズームで撮った写真は粗いので、あまり使わないというのが私の本音です。(笑)

4、防水に安心感がある
普段からよく石鹸でスマホを洗うのですが、たまに不安になるのが防水性能です。

実はIP67等級適合のiPhone8の場合、防水ではなく「防沫・耐水」ということになっています。毎回洗ってから大丈夫か心配になるので、iPhone 11 Proシリーズを含め、今回は先にお風呂に沈めてみました。(以下動画参照)

【水没】新型iPhone 11シリーズ勝手に防水性能を検証してみた!【椿ドッキリ】

そもそもAppleは「防水性能」とは案内しておらず「防沫性能、耐水性能、防塵性能」と案内しているのですが、iPhone 11はIP68等級なので、防水といって良いレベルなのです。過信は禁物ですが、8のときよりも安心感があるのが個人的にはすごく嬉しいです。

もし、水にどのくらい沈めたか気になる方は動画をご覧ください。

次に、デメリット(悪い点)です。

1、重くて持ちにくい

片手操作メインの私にとって、重く分厚くなったのは大きなデメリットです。
カバンに入れてるだけでも重く、しばらく持ってLINEをしているだけでも疲れます。

よく寝る前に寝ながらスマホをしているのですが、iPhone 8でさえも割と顔上でキープするのは腕が辛かったのですが、iPhone 11になってからはすぐ手首が痛くなって出来なくなりました。それにより寝る前のスマホ時間が短くなったのは良い点というべきなのでしょうか。

2、大きくなった分操作がしにくい

机に置いて操作する分には問題ありませんが、分厚いことも相まって持って操作する時に画面のフチまで指が届かなくなったり、電源ボタンが少し押しにくくなりました。手の小さい方には分かっていただけるかもしれませんが、持ちにくい上操作しづらいというのは大変なことなのです。

3、FaceIDによるストレス

普段机に置いて使うことが多く、今まで指を置けばすっとロック解除されて画面が開いていたのにも関わらず、顔認証になってからは机に置いたままだと認証されず、スマホを持ち上げるのも面倒ゆえにパスワードを毎回入力しなくてはいけなくなりました。

顔認証でロック解除後、上にスワイプする必要がある

仮に顔認証されたとしても、ロック画面からスッといけた指紋認証とは違い、また上にスワイプする必要があります。
たったひと手間も、繰り返せば今までなかったストレスになってしまいました。

実際どうなのか

iPhone 11は実際どうなのか

以上が私がiPhone8から11に変えて感じた正直な意見です。手が小さいがゆえに気になっているポイントも多いのではないでしょうか。

画面が綺麗ですごく見やすくなったのとカメラが進歩している点は良いところだと思います。ただ、もし私と同じように重いスマホは苦手、よく机上に置いて使うという方にはiPhone 11はオススメできません。

ただ高性能で頭が良いだけの「スマートフォン」ではなく、手軽に簡単に扱えてこそのスマートフォンです。もし使う人がスマートに扱えないのであれば、それはその人に合っていないスマホなのだと思います。一概にどちらが良いとは言い難いですが、私にとって手軽に簡単に扱えるのはiPhone 8なのかなと感じました。

皆さんはどちらがスマートだと思いますか?ぜひtwitterでの記事のシェア・コメントお待ちしています。(椿)

ピエールちえほん
ピエールちえほん

メインブログでは、僕が「iPhone 11 Pro」を使用感レビューを公開しているのでこちらも合わせてチェックしてみてください!!

タイトルとURLをコピーしました