OPPO Reno 10倍ズームモデルって魅力的なスマホなのかどうか考えてみる

雑記

OPPO(オッポ)最新フラッグシップモデル、OPPO Reno 10倍ズームモデルが発表されました。ファーウェイの最新フラッグシップモデル、HUAWEI P30 Proと同じようにハイブリッド10倍ズームを可能にしています。カメラ自体は、トリプルカメラを搭載しています。

OPPO Reno 10倍ズームモデルは、魅力的なスマホなのかどうか考えてみました。

OPPO Reno 10倍ズームモデルのスペック・仕様は以下のとおりです。

機種名OPPO Reno 10倍ズームモデル
CPUSnapdragon 855
メモリ(RAM)6GB / 8GB
ストレージ(ROM)128GB / 256GB
ディスプレイ(画面)サイズ6.6インチ有機ELディスプレイ
アスペクト比19.5:9
解像度(1080 x 2340px)
Corning Gorilla Glass 6
メインカメラトリプルカメラ搭載
▶4800万画素標準レンズ
(f/1.7、0.8μm、レーザー/PDAF、OIS)
▶Periscope 1300万画素望遠レンズ
(f/3.0、光学5倍、レーザー/PDAF、OIS)
▶8万画素ウルトラワイドレンズ
(f/2.2)
サブカメラシングルカメラ
3200万画素(電動ポップアップ)
バッテリー4065mAh
SIM スロットNano SIM
防水防塵非対応
OSAndroid 9.0
サイズ162 x 77.2 x 9.3 mm
重さ210g
カラーオーシャングリーン
ジェットブラック
価格約10万円
その他USB Type-C
急速充電20W

OPPO Reno 10倍ズームモデルの面白いのは、インカメラが電動ポップアップ式ということです。可愛い飛び出し方をするインカメラは個人的には魅力的だと感じます。また、スペックは完全にハイエンドモデルとなっており、最新CPUのSnapdragon 855も搭載しています。

現状、実機を手にしているわけでもないのでカメラの正確な比較は出来ないのでなんともいえないですが、カメラ構成等を確認すると恐らくHUAWEI P30 Proの方が凄いのではないかと感じます。

今わかる比較として、HUAWEI P30 ProはファーウェイのKirin980を搭載しています。OPPO Reno 10倍ズームモデルは、Snapdragon 855なので、ゲームメインに考えている方であれば、Snapdragon 855の方が良いかもしれないですね。ただ、HUAWEI P30 Proでも全く動作には問題ないので、大きな差ではないかもしれないですね。

OPPO Reno 10倍ズームモデルの気になる点として、防水防塵対応はしていないという点と価格が約10万円と思ったよりも高価という点です。ポップアップ式の電動インカメラを使っていることもあるためかどうかは分かりませんが、防水防塵には対応していません。このあたり、国内仕様にはなっていないのもちょっと惜しい印象です。

また、価格が案外高い。OPPO Reno 10倍ズームモデルは魅力的ではあるものの、HUAWEI P30 Proとの価格差があまりないので、少し足してHUAWEI P30 Proという選択肢が出てきてしまうので、もう少し安いならもっと魅力的なスマートフォンだったかもしれません。

あくまで個人的な見解ですが、OPPO Reno 10倍ズームモデルは魅力的だが少し割高感が否めないという結論に至りました。ただ、美しいデザイン、面白いインカメラの電動ポップアップ、人と被らないスマートフォンを探している方には非常に魅力的なスマートフォンかもしれませんね!

OPPO Reno 10倍ズームモデルが発表!Snapdragon 855 /トリプルカメラ搭載 / 急速充電20W /カラーは2色展開!
OPPO(オッポ)は、OPPO Reno 10倍ズームモデルを発表しました。また、OPPO Reno 10倍ズームモデルの5G対応モデルも発表しています。
タイトルとURLをコピーしました