僕が「RAVPower File Hub RP-WD009」を使ってみて感じるメリット・デメリット【使用感レビュー】

雑記

最近のモバイルバッテリーは可能性しか感じない。どうも、ピエールちえほん(@chehonz201)です。

大人気モバイルバッテリーメーカーRAVPower(ラブパワー)が作った「File Hub RP-WD009」

こいつはまじで凄い。

ワイヤレスルーターとして使えたり、ファイルハブとしてワイヤレスカードリーダーとして使えたり、モバイルバッテリーとして使えたり、色んなことが出来る。

今回は、僕が使って感じたメリットとデメリットをご紹介していきたいと思います。

特に出張が多い方、絶対便利なのでチェックしてみてください。

また、旅行や出かけるのが好きな人、写真を撮るのが好きな方は、すぐに写真を共有・バックアップ出来たりするので、きっと重宝するモバイルバッテリーになっています。

File Hub RP-WD009ってどんな商品なの?


RAVPower File Hub RP-WD009ってどんな商品なのか、その特徴について触れておきましょう。

・有線LANをWi-Fi化出来て旅行・出張時に役立つ
・大切なスマホデータのバックアップにも使える
・モバイルバッテリーとしても優秀、大容量6700mAh
・最大5台のスマホからアクセス可能
・持ちやすい手のひらサイズ

簡単に、File Hubの機能は大きく3つです。

モバイルバッテリー、ワイヤレスカードリーダー、Wi-Fiルーターの3つの機能を使えます。

出来ることが多すぎて、詳しい機能や使い方についてはメインブログの下記記事にてご紹介しています。

メリット・デメリット


それでは、僕がRAVPower File Hub RP-WD009を使って感じたメリット・デメリットを以下に並べてみました。

▶iPhone XSやXRよりも軽く重さを感じない
▶有線LANをWi-Fi化出来て出張時に役立つ
▶モバイルバッテリーとして十分便利
▶SDやUSBメモリにデータバックアップ出来る
▶持ち運びにも最適なサイズ感
▶一眼レフで撮影した写真をすぐに共有出来るのは超便利
▶超便利だが機能が多すぎるかも
▶バッテリー残量表示がもう少しわかりやすいと嬉しかった

いくつかピックアップして、RAVPower File Hub RP-WD009のメリット・デメリットをご紹介します。

まずは、個人的に使って気になったデメリットをお伝えします。

1つ目、File Hub RP-WD009は超便利だが機能が多すぎるかも

恐らく、普段からガジェット好きで今まで同様のルーターハブを使われている方であれば比較的簡単に扱える製品だと思います。

実際、僕自身使ってみて設定はアプリから簡単に行えるので特に難しさは感じませんでした。

ただ、慣れていない方だと使い方がわからないと悩むことがあるかもしれません。

普段からルーター等に触れていない方にはちょっと機能が多すぎて扱いが難しいかもしれません。

ただ、使えればこれ以上ない便利なワイヤレスルーター&モバイルバッテリーです。

2つ目、バッテリー残量表示がもう少しわかりやすいと嬉しかった

バッテリー表示は、本体のバッテリーマークで確認出来ます。バッテリー残量が30%を切ると赤く光ります。

ただ、30%を切るまではずっと白く光る状態になっています。あとどれくらいバッテリーが残っているか、白く点灯している状態では把握しずらいのがちょっと不便でした。

次に、個人的に使って気になったメリットをお伝えします。

1つ目、有線LANをWi-Fi化出来て出張時に役立つ

File Hubの最大のメリットの一つが、旅行や出張の時、ホテルの有線LANをWi-Fi化することが出来ることです。

旅行や出張に行かれる方なら一度は困ったことがあるかもしれないホテルのWi-Fi事情。

フリーWi-Fiがあるのに通信が遅くてイライラした経験はありませんか?

そんな時に役立つのが、File Hub。部屋にある自分だけの有線LANを本体に直接接続し、有線ネットワークをワイヤレスインターネット環境を作ることが出来るので、安定した速度のWi-Fiを楽しめる他、安全に通信を行えるのも嬉しいポイントです。

File Hubは、2.4GHz帯域で最⼤300Mbps、5GHz帯域で最⼤433Mbpsの⾼速通信に対応、最⼤8.4時間の連続 使⽤、スタンバイ時では最⼤14.5時間という、最⻑クラスの単独駆動を実現しています。

2つ目、モバイルバッテリーとして十分便利

File Hubは、他の機能も便利ですが、モバイルバッテリーとしても優秀です。

6700mAhバッテリーを搭載しているので、iPhone XSなら約1.5回分、iPhone 8なら約2回分充電がで来ます。

旅行時や出張時のホテルの有線LANをWi-Fi化出来る上に、出先ではモバイルフレンドリーとして使える便利さは想像以上に便利でした。

3つ目、SDやUSBメモリにデータバックアップ出来る

File Hubは、iPhoneやAndroidのデータをSDカードへのバックアップにも使えます。

専用アプリ「RAV FileHub」を使ってスマホ・タブレットからワイヤレスに簡単操作することが可能で、最大4TBの外部メディアに対応し、SDカードやUSBメモリーの写真や動画をスマホで楽しんだり、スマホ内の大切なデータをバックアップしたり、旅行先での写真をスマホに転送してすぐに共有するのにも非常に便利です。

しかも、FileHubへはワイヤレス接続なので最大5人まで同時接続が可能なので、友達と旅行先でデータを共有出来るのも嬉しいポイントです。

まとめ:出張・旅行時の必需品

RAVPower File Hub RP-WD009は、ホントに便利。

色んな機能が搭載されていますが、個人的に最も良かったのは簡単に旅行先のホテルで自分だけのWi-Fi環境を構築出来ることでした。

最近ではフリーWi-Fiが普及して、ホテルでも使えますと書いてあることが増えました。

ただ、実際繋いでみると安定して快適な通信が出来ていると言い難い場面に遭遇します。

そんな時、ホテルに備わっている有線LANを使うことで自分専用のWi-Fiを作れて快適な通信を安全に使えます。

実際、使ってみて感じる便利さが非常に多くて、僕は旅行に行く時絶対に持っていっています。

今ではなくてはならない存在。是非、一度RAVPower File Hub RP-WD009を手にとって使ってみてください。

今なら、当ブログ限定の割引クーポンを適用することで約5,000円以下で購入することも可能です。

この機会にチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました