僕が「Xperia 1」を使ってみて感じるメリット・デメリット【使用感レビュー】

雑記

YouTube × Twitterの2画面分割永遠に仕事進まない。どうも、ピエールちえほん(@chehonz201)です。

さて、今回は僕が「Xperia 1」を使ってみて感じるメリット・デメリットをお伝えしていきながら、使用感レビューをしていきたいと思います。そろそろ、使い始めて一ヶ月程度になりそうな勢いですが、まだまだダントツ一番愛用している一台です。

Xperia 1は、6.5インチで世界初の4K×有機ELディスプレイを搭載、Snapdragon855、メインカメラはシリーズ初のトリプルレンズカメラを採用しています。スマホ初の瞳AFにも対応しているのも面白いポイントです。

とりあえず、Xperia 1はやっぱり“デザインが最高”。僕はそう思います。Xperia 1を使っていると、ココ凄いけど、ココ弱いなと感じる部分は正直いくつもあります。ただ、結局毎日使うにあたりデザインの好みがドンピシャなので色々思うところはあっても、デザインが好きだから特に気にならなくなります。

自分が気に入ると、悪い部分すら可愛いものです。とはいえ、そんなこと言っていてもこれから買われる方の参考にならないので、しっかりとメリット・デメリットについて触れていきたいと思います。

スペック・性能

改めて、Xperia 1のスペック・性能を確認しておきましょう。

機種名Xperia 1
CPUSnapdragon855
内蔵メモリ容量 (ROM)64GB(国内版)
128GB(海外版)
内蔵メモリ容量 (RAM)6GB
ディスプレイ(画面)サイズ6.5インチ有機ELディスプレイ
(Gorilla Glass 6)
アスペクト比21:9
4K HDR OLED
解像度3,840 x 1,644px
メインカメラトリプルカメラ
1220万画素(標準)+1220万画素(超広角レンズ)+1220万画素(2倍望遠レンズ)
サブカメラシングルカメラ
8MP
バッテリー3200mAh(国内版)
3300mAh(海外版)
SIM スロットNano SIM
OSAndroid 9.0
サイズ167×72×8.2 mm
重さ約178g
カラーグレー
ブラック
パープル
ホワイト
防水/防塵IPX5、IPX8/IP6X
その他USB Type-C
おサイフケータイ(国内版)

Xperia 1は、防水・防塵対応、国内版はおサイフケータイにも対応しています。惜しいポイントは、ワイヤレス充電の有無と国内版のストレージ容量が64GBのみだということです。

メリット・デメリット

僕がXperia 1を一週間使って感じたメリット・デメリットを以下に並べてみました。

▶「21:9 マルチウィンドウ」2画面分割が最高に便利!
▶引き込まれるような美しいディスプレイが凄い
▶カメラが凄い!Xperia初のトリプルカメラとスマホ初の瞳AFを搭載!
▶本体は凄く軽い
▶ゲームメインで使うのもアリ
▶動画撮影や映像関係の仕事にも役立つオリジナルアプリが凄い!
▶スピーカーの音も良いのでYouTubeを垂れ流しに最高
▶Dolby Atmosが凄い!!
▶超縦長なのでズボンのポケットに収まりづらいことがある
▶電源ボタンと指紋認証センサーが独立していて使いにくい!
▶ワイヤレス充電非対応なのはやっぱりつらい!
▶バッテリー持ちは良くない!
▶画面が長すぎて手に持った時の重心が不安定
▶イヤホンジャック非搭載
▶ストレージ容量が国内版のみ64GB(海外版は128GB)
▶アプリ未対応の他にも余白部分が目立つことがある
▶左手の方には使いにくいかも

いくつかピックアップして、Xperia 1のメリット・デメリットをご紹介します。

まずは、個人的に使って最も気になったデメリットを4つお伝えします。

1つ目は、ワイヤレス充電非対応なのはやっぱりつらい

僕が一番使っていて不便に感じるのは、ワイヤレス充電はないこと。搭載するとおそらくこの薄さ、重さにはならないと思いますが、それでも欲しかった。普段ワイヤレス充電に対応しているスマートフォンを愛用している僕にはなかなか不便です。

もちろん、今ワイヤレス充電非対応スマートフォンからの機種変更であれば全く気になる部分ではありませんが、ワイヤレス充電対応スマホでかつ、ワイヤレス充電を使っている方がXperia 1に機種を変えると案外不便に感じると思います。

ワイヤレス充電に対応していれば、毎回ケーブルの抜き差しをしなくていいので、手間がなくなる上に、コネクタ端子の故障リスク回避にも繋がるので個人的には欲しかったなという機能です。また、他社ハイエンドモデルも続々、搭載しているのと価格も価格だったので惜しいとより感じます。

2つ目は、カメラの標準、望遠、超広角の切り替えがタップしないといけないのが不便

Xperia 1のカメラは色んなシーンを色んなカメラを切り替えて使えるのが面白い反面、切り替えが地味に不便です。めっちゃ不便!!

カメラ画面の中央にある切り替えボタンを押して、標準、望遠、超広角を切り替えが出来ます。もしくは、標準カメラ状態にて、両手で画面をズームしていくと、望遠への切り替え、また下部に超広角への切り替えボタンが出てきます。

標準→超広角へ一気にジャンプ出来ないのは使っていて案外不便でした。正直、望遠よりも超広角レンズを使うことの方が多い自分の使い方もありますが、例えば、Galaxy S10シリーズであればそもそも切り替えボタンが常に標準、望遠、超広角の切り替えボタンが表示されています

Xperia 1も常時簡単に希望のカメラへ切り替え出来るボタンがあればもっと便利に、使い勝手がよくなるような感じがしました。

3つ目、画面が長すぎて手に持った時の重心が不安定

Xperia 1は超縦長スマートフォンなのは凄く魅力的、その反面片手で本体下部あたりを持つと重心が本体上部に来てバランスを崩して落としそうになることがあります。

大画面で、薄く、比較的軽いとはいえ、縦に長いの持つと不安定になることがあるので、購入される方はぜひ一度実機を手にとってみることをオススメします。

4つ目、21:9に完全未対応アプリもまだまだ多い

Xperia 1を使っていて感じたのは、21:9に非対応のアプリが多いことです。また、アプリによってはそもそも完全に未対応というものもあります。

まだ、上下の幅に合っていなくて空きスペースが黒くなったりするのは良いんですが、一部では全く使えないアプリもあってアプリ側の対応待ちという現状もあります。

もちろん、有名所のSNS等は使えるので安心ではありますが、自分が愛用しているアプリが使えない可能性もあるということは覚えておいてください。

まずは、個人的に使って最も気になったメリットを3つお伝えします。

1つ目、縦画面で利用時に一度に表示出来る情報量が多い!

Xperia 1の特徴である超縦長ディスプレイは、縦画面利用時に一度の情報量を多く表示出来ます。わずかな差ではあるかも知れませんが、Twitterをやる時にも便利な感じです。

また、「21:9 マルチウィンドウ」2画面分割が最高に便利です!普段、WEBで調べ物をしながら動画を流したり、Twitterしながらゲームしたりと今までの16:9や18:9のディスプレイでは縦に画面を分割するとなんとなく感じていた狭さが、Xperia 1ならちょうど良い見やすさになります。よく画面分割して使うけどタブレットまでいくと大きすぎる、手軽に長時間利用したいという人にもオススメな一台です。

2つ目、色んなシーンに対応出来るカメラが良い!

Xperiaシリーズ初のトリプルカメラを搭載、 今まで以上に幅広いシーンの撮影が可能になりました。すべて1220万画素で、標準、望遠、広角レンズを搭載しています。

また、今回ソニーデジタル一眼カメラαシリーズの「瞳AF」をスマホでは世界初搭載しています。実際にデジタル一眼カメラ部門と協力して作ることで、デジタル一眼カメラの技術がXperia 1に落とし込まれているのが嬉しいです。

カメラを使って感じたのは、自然で綺麗という言葉がぴったりだと感じました。AI自動判別もなかなか精度も高いです。綺麗だけど過度な加工はせず、現実に近い形で写真に残してくれる印象がしました。HUAWEIP30PROと比べてみると、単純にオシャレに撮れるのはP30PROですが、自然で綺麗に撮ってくれるのはXperia1だと思います。

広角カメラは好みが分かれるかもしれませんが、Galaxy S10シリーズやHUAWEI P30シリーズの広角カメラとはまた違って、魚眼レンズに近いような写真が撮影出来て面白いです。

3つ目、Dolby Atmosが楽しい

立体音響技術のDolbyAtmosを使うと、音の楽しみ方の幅が広がるよ!!

音に関して詳しいわけではないので、素人ながら色々と聴き比べてみました。一つ使っていて感じたのが、どんな音楽にでもDolby Atmosをオンにすれば良いというわけではないということです。

例えば、僕の好きなWANIMAのアゲインをDolby Atmosオンにして聴いてみると、ベースやドラムのズンズンとした感じが薄れてしまい、誤解を恐れずにいうと、声だけではなく全ての楽器が主力(例えばボリュームや勢いも良さの1つ)という曲には向いていないと感じました。

一番良さを感じられるのはやはり映画だったり、コンサートホールで演奏しているようなオーケストラやピアノの曲の場合、実際に映画館やホールにいるような立体感のある響きを味わうことができます。安いイヤホンでも、オンオフで全く違う音の体感ができるので、ぜひ一度聴いてみてください!

最後に:万人向けではないが、ハマる人にはハマるスマホ

Xperia 1は、超縦長スマートフォンです。正直、合う合わないが絶対にあります。

個人的には、Galaxy S10か、Xperia 1どちらか悩んだ時に単純にスペック・機能で選ぶなら”Galaxy S10″を選択すると思います。欲しい機能が、Galaxy S10には詰まっています。単純に総合的な完成度はやっぱりGalaxy S10シリーズの方が上かなと感じています。

ただ、最終的に“僕が、Xperia 1を買った理由はデザインとカラーが圧倒的に好きだから”これに尽きます。

好きなんですよ、デザインとカラーがとても。

結局、長く使うものだからこそ、見た目も重要なポイントだと思っています。ぜひ、自分が本当に欲しいものを手にとってみてください。

今回のXperia 1に僕は大満足しています。

▼メインブログにて詳しい実機レビューもしています。こちらも合わせてお読みくださいませ。

タイトルとURLをコピーしました