【新規・MNPで実質540円】ワイモバイルのiPhone 6sが単純に一番安くておすすめ機種だと思った話

雑記

iPhoneが好き。どうも、ピエールちえほん(@chehonz201)です。

さて、今回はワイモバイルについて書いていこうと思います。

突然ですが、ワイモバイルで今一番お得な機種はなんだと思いますか?

ちょうど、のりかえを検討している僕が色々調べた結果、今何も考えずに“お得”+”安い”+”そこそこ使える性能”に絞ったらiPhone 6sが最適なんじゃないかといきついたので、なぜそうなったかの理由についてお伝えしておこうと思います。

長く使う方向けではなく、とにかく安くてお買い得なものを選びたい方へ!!

iPhone 6sの特徴・スペック

2015年9月に発売されたiPhone 6sは、今なお現役で大人気モデルとなっています。人気の理由は、圧倒的コスパの良さ。

機種名iPhone 6s
サイズ/重さ67.1×138.3×7.1mm/143g
CPUApple A9
カメラ1200万画素
ディスプレイ4.7インチ
メモリ(RAM)未発表
ストレージ容量(ROM)32GB/128GB
microSDカード非対応
バッテリー未発表
価格(機種代金)32,292円〜

何故、今iPhone 6sがおすすめなのか

ワイモバイルのiPhone 6sが単純に一番安くておすすめ機種だと思った理由について見ていきたいと思います。

1つ目、圧倒的に安いと感じる価格。

まず、ワイモバイルのスマートフォンの中でもっとも今買うべきおすすめ機種と感じたのは価格にあります。

とにかく”安い”。これに尽きます。

iPhone6sがワンコイン

ワイモバイルにて、新規・MNPでの契約なら実質540円。

性能と価格のバランスは、ホント素晴らしいものを感じます。

iPhone 6sが実質540円なら思わず、購入してしまう価格設定です。

ワイモバイルを選ぶ理由は、大半の方が月々の支払い料金を安くしたいからだと思います。安くしたいなら、料金プランだけではなく、単純に安い機種も選ぶべきだと思います。

そう考えると、iPhone 6sは、まさにドンピシャでほぼ在庫処分の今がまさに狙い目となります。

2つ目、最新OS、iOS13へのアップデートも確約

iPhone 6sがおすすめな理由は、価格だけではなく。発売から約4年が経過しても最新のアップデートが提供されている安心感があることです。

ワイモバイルでは、アップデートが保証されているAndroid One対応のスマートフォンを取り扱いしていることもあり、比較的安心してAndroidを選ぶことも出来ます。

とはいえ、AppleのiPhoneシリーズほど長い間サポートされるスマートフォンは今のところありません。

iPhone 6sもアップデートの恩恵は受けており、今秋にリリースされる最新iOS13にも対応しています。

最新機能が搭載されることもあって、まだまだこれから現役で使える一台となっています。

3つ目、まだまだゲームをやるにも使える一台

iPhone 6sのCPUは、Apple A9とすでに型落ちとはなっていますが、なめてはいけません。実際今でも快適な動作を実現してくれています。

もちろん、当時よりも発熱やカクつく場面もありますが、それでもゲームをしていても不安を覚えることは今のところありません。

安心して長く、まだまだ現役で使えるiPhoneというのも魅力の一つです。

【公式】ワイモバイルオンラインストア

iPhone 6sのメリット・デメリット

僕がiPhone 6sを感じるメリット・デメリットを以下に並べてみました。

▶価格が安い
▶通常仕様なら全く動作に不安はない
▶第二世代のTouch IDが搭載されている
▶本体がコンパクトで使いやすい
▶イヤホンジャックが搭載されている
▶最新アップデートに対応している
▶本体の発熱を感じる場面もある
▶全体的なパワー不足を感じることもある
▶防水・おサイフケータイ非対応
▶バッテリー持ちは不安

いくつかピックアップして、iPhone 6sのメリット・デメリットをご紹介します。

まずは、個人的に気になったデメリットをお伝えします。

1つ目、本体の発熱を感じる場面もある。

iPhone 6sを使っているとたまに本体の発熱が気になることがあります。

これはiPhoneに限ったことではありませんが、比較的発熱が多いように感じます。

2つ目、バッテリー持ちは不安

iPhone 6sのバッテリーは、公式発表されていませんが比較的小さなバッテリーを搭載しています。

その影響もあるのか、バッテリー持ちはあまり良くありません。一日中フルで使うならモバイルバッテリーが必須となります。

まずは、個人的に気になったメリットをお伝えします。

1つ目、第二世代のTouch IDが搭載されている。

実は、iPhone 6sはiPhone 6まで搭載されていた第一世代のTouch IDではなく、第二世代のTouch IDが搭載されています。

そのため、指紋認証のスピードが高速化されています。実用利用でも不満に感じることのない速度で指紋認証が行えます。

2つ目、本体がコンパクトで使いやすい

iPhone 6sは、4.7インチと当時はそれでも大きすぎると言われていましたが、今ではさらに大画面化している現状で4.7インチのiPhone 6sはまだまだ使いやすいように感じます。

片手で十分操作出来るサイズ感は、毎日使う上でストレスを感じなくて良いです。

まとめ:価格と性能のバランスが最強

非常に安く買えるワイモバイルのiPhone 6s凄くないですか。

発売当時に定価で購入している僕からすると悲劇でしかないですが、新型のiPhoneが出るたびに値下がり、在庫処分は当然あります。

恐らく、今が最終在庫処分となるでしょう。iPhone 6sをお得に買えるのはラストチャンスに近づいています。

ワイモバイルで、単純に一番安くておすすめな機種はiPhone 6sになりました。

もちろん、使う環境や重視したい点が異なれば最適なスマートフォンも変わって来ます。

あくまで、単純にワイモバイルの安い、おすすめ機種ならiPhone 6sだと思った話でした。

【公式】ワイモバイルオンラインストア

メインブランドにて、ワイモバイルで購入出来るおすすめスマホ機種ランキングも公開しております。以下よりお読み頂けます。

ワイモバイルで機種を購入する予定の方の是非参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました